最近の記事
(11/28)☆目次☆
(04/03)[大阪プロレス]2014.4.3「大阪ハッピーウィークデー」試合結果&トゥギャッター〜ヒデ久保田参戦
(04/02)[我闘雲舞]2014.4.2「春のサワディーカーツアーIN大阪」〜くいしんぼう仮面、松山勘十郎参戦
(03/31)[大阪プロレス]2014.3.31「大阪ハッピーウィークデー」試合結果&トゥギャッター
(03/30)※[ゼロワン]2014.3.30「奉納プロレス10周年記念大会 第11回大和神州ちから祭り」試合結果&トゥギャッター〜ビリーケン・キッド、タイガースマスク参戦
(03/30)[大阪プロレス]2014.3.30「大阪ホリデーパラダイス」試合結果&トゥギャッター
(03/29)※2014.3.29タイガースマスク自主興行「的場プロレス最終戦〜ラストオブタイガース マスク・涙よ、虎になれ〜」トゥギャッター
(03/29)※[大阪プロレス]2014.3.29「ファン感謝!ミニミニホリデーパラダイス」試合結果&トゥギャッター
(03/28)[大阪プロレス]2014.3.28「大阪ハッピーウィークデー」試合結果&トゥギャッター
(03/27)[大阪プロレス]2014.3.27「大阪ハッピーウィークデー」試合結果&トゥギャッター
(03/26)[大阪プロレス]2014.3.26「大阪ハッピーウィークデー」試合結果&トゥギャッター
(03/24)[大阪プロレス]2014.3.24「大阪ハッピーウィークデー」試合結果&トゥギャッター
(03/23)※[九州プロレス]2014.3.23「筋肉飛梅'14」試合結果&トゥギャッター
(03/23)[大阪プロレス]2014.3.23「大阪トルネードvol.6」試合結果&トゥギャッター
(03/22)[大日本プロレス]2014.3.22大日本プロレス高松シンボルタワー展示場大会試合結果&トゥギャッター〜The Bodyguard参戦

2013年09月16日

※[ゼロワン]2013.9.16「第11回天下一Jr. 決勝戦」試合結果&トゥギャッター〜ビリーケン・キッド、タイガースマスク、HUB参戦(観戦メモリンク追加予定)

[ヘッドライン]
◆ゼロワン天下一ジュニアトーナメントでHUB優勝!

すべてのクリスタルボールを集めた優勝者は願い事をかなえることができる。
HUBの願い事は「ビリーケン・キッドとタイガースに、タッグのベルトに挑戦させてほしい」


[試合結果]ゼロワン公式
プロレスリングZERO1 第11回天下一Jr. 〜決勝戦〜
9月16日(月祝)12:00
後楽園ホール


第1試合 天下一Jr.トーナメント二回戦 30分1本勝負
・×ジョナサン・グリシャム(8分59秒 タイガーススープレックスホールド)○タイガースマスク
※タイガースが準決勝に進出決定

第2試合 天下一Jr.トーナメント二回戦 30分1本勝負
・ハートリー・ジャクソン(3分16秒 雁之助クラッチ)○藤田峰雄
※峰雄が準決勝に進出決定

第3試合 天下一Jr.トーナメント二回戦 30分1本勝負
・×ビリーケン・キッド(8分58秒 死亡遊戯)○ジェイソン・リー
※リーが準決勝に進出決定

第4試合 天下一Jr.トーナメント二回戦 30分1本勝負
・×日高郁人(9分59秒 猛毒波布空爆→体固め)○HUB
※HUBが準決勝に進出決定

第5試合 8人タッグマッチ 30分1本勝負
・大谷晋二郎&田中将斗&崔領二&×KAMIKAZE(14分34秒 フェニックススプラッシュ→片エビ固め)関本大介&○小幡優作&デーモン植田&横山佳和

第6試合 天下一Jr.トーナメント準決勝 30分1本勝負
・○藤田峰雄(9分13秒 スワントーンボム→片エビ固め)×タイガースマスク
※峰雄が決勝戦に進出決定

第7試合 天下一Jr.トーナメント準決勝 30分1本勝負
・○HUB(11分1秒 猛毒波布空爆→体固め)×ジェイソン・リー
※HUBが決勝戦に進出決定

第8試合 Jr.6人タッグマッチ 30分1本勝負
・菅原拓也&○怨霊&原学(10分22秒 怨霊クラッチ)めんそ〜れ親父&×ジャック・アンソニー&エル・イホ・デル・パンテーラ

第9試合 天下一Jr.トーナメント決勝戦 時間無制限1本勝負
・×藤田峰雄(21分2秒 猛毒波布空爆→体固め)○HUB
※HUBが天下一Jr.初優勝と同時に、第12代インターナショナル&世界ジュニアヘビー級王者となる

[参考リンク]
9.16 後楽園ホール大会結果速報(ZERO1)

日高、リー、峰雄とZERO1ジュニアを撃破したHUBが天下一Jr.初優勝!願い事はタイガース&キッドのタッグ王座挑戦!(バトルニュース)

HUBが天下一Jr.トーナメント初優勝=ZERO1(スポーツナビ)


[ツイッターまとめ]
【いよいよ決勝!】ゼロワン「天下一ジュニアトーナメント」9月16日開催

2013.9.16 プロレスリングZERO1「第11回天下一Jr. 決勝戦」


…タイガースマスク、ビリーケン・キッド、HUBが大阪軍として参戦したこのトーナメント。
全員9/6のクリスタルウォーズを勝ち抜き、今回の本戦に進みました。

一回戦でビリーはジェイソン・リーに敗退。…足の負傷がみていてつらかった…それでも戦い抜いての結果ですが…
タイガースは一回戦で前年度優勝者のグリシャムに勝利、準決勝では縁の深い後輩である藤田峰雄と対戦するも敗退。
HUBは、ゼロワン参戦以来の好敵手である日高郁人に勝利、準決勝ではビリーを破ったリーに勝利、そして決勝では、大阪時代の後輩でもある藤田に勝利して、悲願の天下一ジュニア初優勝となりました。

今回のトーナメントは、タイガースの要求で、グリシャムの保持していたインターナショナルジュニア及びNWA世界ジュニアのベルトがかけられました。
その結果、HUBは両タイトルの王者になることに。

当初のHUBの願い事は、タイトル挑戦だったけど、こうして優勝と同時に王者になってしまったので、自分を支えてくれたビリーとタイガースにタッグタイトル挑戦を、願ったのですが…いったいあなたどれほどこの二人のことを思っているのか…

週プロモバイルのバックステージコメントを読むと、タイガースとビリーが関東での試合機会が少ないことを悔しく思い、もっと注目、評価されてほしいと感じていたようで…
最初に大阪軍団で乗り込むと決めた時から、ずっとその気持ちだったのか…この人は…

ゼロワンのジュニアのタッグタイトルは、NWAインターナショナルライトタッグ王座ですが、現在の王者は、フランク・デヴィット&ショーン・ギネス。
タイトル戦はいつ組まれるだろう。
posted by hazel at 17:00| ゼロワン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。